2017年7月14日金曜日

今年の短冊は?

千葉県のある公立図書館です。
私の友人がこの図書館のライブラリアンです。
先日こんなメールをいただきました。
『たなばたの短冊には
バンビ文庫の皆様が、幸せでありますように
書いています。
                     Iより』


バンビぶんこのみんなのことを短冊に書いてくれたんですって、なんて嬉しいことでしょう。
Iさん ありがとうございました。


さて今年の七夕さまの短冊の一部をご紹介します。

「ホラーマンになれますように」「かめんらいだーえぐぜいどになれますように」
「やさいになりたい」「しんかんせんのうんてんしゅ」



「じいじとばあばとパパとママとたくさんあそべますように」
「元気に過ごせますように」「あなになりたい」
「みんなげんきでたのしくくらせますように」
「おおきくなってもともだちがいっぱいできますように」 



「本いっぱい読めますように」
「けんかがなくなりますように」by 4年生の男の子
「せんそうがなくなりますように」「世界がへいわになりますように」by 3年生の女の子



2017年7月13日木曜日

七夕さまミニお楽しみ会

7月5日 七夕さまにちなんで「七夕ミニお楽しみ会」をひらきました。
みんなの『お願い」のいっぱいつまった七夕かざり
「にじ」をうたうYちゃんです。
この日のお楽しみ会はTさんにお任せしました。
「たなばたさま」の歌詞でわかりにくい言葉を調べて教えて
くれました。のきば、ごしきなど子どもにも良くわかりましたよ。


この日はキーボードの伴奏でみんなで歌をうたいました。

上の写真は「にじ」をうたっているYちゃん、大きな声でとっても上手にうたえました。
虹が好きな私へのプレゼントですって、嬉しいですね。

歌ったうたは「たなばたさま」「にじ」「ほたるこい」「ほ ほ ほたるこい」
「かえるのうた」
それに小学校の音楽で3年生が習ったうた「とどけよう このゆめを」
さすが小学生、すごく上手、みんなで声をあわせて歌うのってすてきですね。

「ほ ほ ほたるこい」と「ほたるこい」は同時に歌い始めると(ほたるこいは2度繰り返します)
最後が一緒に終わります。きれいな旋律です。文庫ではこの時期いつもみんなで歌います。
「かえるのうた」は小さい子でもできる輪唱、元気よく何回も歌いました。



たくさん集まった七夕まつりでした。



Aちゃんのマジックのご披露、はじめてなのでちょっと自信なさそう。
でもパフォーマンス上手なAちゃん、上手にまとめました。


Kちゃんが読んでいるのは「コップちゃん」
もうすぐ3才のKちゃんの大好きな絵本です。


実はKちゃんは「コップちゃん」を読んでいるのではなく、おはなしを全部覚えているのです。
ほら ちゃんとページもめくっていますよ。
読んでいるのと同じ、すごいですね。









2017年6月30日金曜日

「かあちゃん取扱い説明書」読書感想文コンクールより

3年生のYちゃんが、うちの文庫で借りた本を読んで感想文を書きました。
その感想文が杉並区読書感想文コンクールで学校の代表になりました。
「ひとつひとつに書いた人の思いがこめられています。みなさんもぜひ、この感想文を読んでみてください」という学校からのコメントもあり、Yちゃんの了解を得て、載せました。どうぞ読んでください。

ーーーーーーーかあちゃんのきもちーーーーーーー
「かあちゃん取扱説明書」   いとうみく著  童心社

この「かあちゃん取扱説明書」は、てつやという男の子が、いつもガミガミうるさいかあちゃんを、自分の思い通りにそうじゅうしてやろうと、取扱説明書を作る話です。
 わたしのお母さんもおこるととてもこわく口うるさいです。いつも、
「気をちらさないで目のまえのことをきちんとやりなさい!」と言われます。その時のお母さんは、こわく、わたしは聞いているだけでせいいっぱいです。
 てつやは取扱説明書を作るために、かあちゃんのかんさつをはじめていきます。そして、かあちゃんはガミガミうるさいだけじゃない、かあちゃんの気持ちってどんなものなのだろう、やることをやればかあちゃんもかわる、ということにどんどん気がついていきます。わたしだったらてつやよりもっと後に、そのことに気がつくと思うので、てつやはすごいな、と思いました。
 わたしがこの本を読んで一番大切だと思ったことは、相手を変えようとするのでなく、自分がかわることと、相手の気持ちを考えることです。
 人は、自分の意志でかわるので、ほかの人がいくらがんばってかえようとしても、その人の意志がかわらなければその人はかわらないからです。わたしは、お母さんに言われるまで宿題をしていませんでした。でも、やればすきなことができると思って、今は言われる前に宿題をおわらせることができています。そんなわたしを見たお母さんはびっくりして、笑顔でほめてくれます。自分が自分の意志で変われば、相手も変わると思いました。
 このお話の中で、かあちゃんはてつやがようち園のころに、ケーキをつぶしたことをせめなかった場面があります。かあちゃんは、てつやがせっかう買ってくれたケーキで、うれしかったから、せめなかったのだと思います。わたしは、かあちゃんはやさしいなと思いました。
 わたしは、この本を読んで、自分がかわれば相手もかわるということを学びました。これからわたしは、お母さんにたのまれる前に自分からすすんで手伝いをしたり、学校に出かけるじゅんびなど、いわれる前にやるべきことをやったりしてそれを習かんにしていきたいです。そうすればたくさんほめてくれたり、お母さんとたおしい時間がすごせると思います。また、家族や友だちが悲しい顔をしていたら、声をかけて、いまどんな気持ちなのかをいっしょに考えてなぐさめてあげようと思います。

 さいごに、わたしは、取扱説明書というものは、相手のことを考えて思いやったものだと思います。

2017年6月17日土曜日

第5週はミニイベント の日、今回は「スイーツ・デコ」を作りました。
先日Aちゃんがかわいい小物を持ってきました。聞くと材料をくみたてて作ったそうです。私はこれをみんなで作ろうと決め、100均で材料を用意しました。
先生はAちゃんです。当日の様子ごらんください。

Aちゃんに教わりながら、一生懸命作っています。

ほら!できました。

私のつくったのかわいいでしょ?
これからは作品集です。それぞれ味のあるスイーツデコができました。本当においしそうですね。


2017年5月29日月曜日

5月の文庫

今年のバンビぶんここいのぼり
いつもどおりたくさんの子どもたちが名前を書いてくれました。
上は山本容子さんの「アリス」の版画
Rちゃんは新聞紙の兜をかぶってごきげん。
似合いますね。
ゴリラさんも新聞紙の兜でごきげん?

2017年4月27日木曜日

インドネシアでも文庫!すてきなゲストの来宅

Nurbati Hafmayaさん、SさんとKちゃん、文庫に来ていた子どもたちと私

ある日Sさんがインドネシア人のお友だちを連れていらっしゃいました。
Sさんは杉並にいらっしゃる前に、インドネシアに住んでいたのです。お子さんのSちゃん(4年生)はインドネシア生まれ、そして幼稚園に通っていました。文庫に来てくれたお友だちはその時の幼稚園のママ友なのです。名前はNurbati Hafmayaさん、休暇で来日、そして旧友のSさんを訪ね、この日の文庫訪問となりました。とっても知的で笑顔のすてきな方です。場がパーと明るくなりました。
Nurbati Hafmayaさんと話をしたら、なんと彼女もインドネシアで個人の図書室を開いていらっしゃるそうです。
その図書室の名前は「The Learning Castle」とても素敵な格調高い名前ですね。スマホで図書室やおはなし会らしき場面の写真を見せてもらいましたが、白基調ですごく美しいというイメージ、子どもたちも読んでもらっている本に見入っていました。場所があるのでしょうか?広々として、整然としていて、住まいと一緒でガチャガチャしている我がバンビぶんことは雲泥の差に思えました。残念なのはこのような写真が手元にないことです。 Hafmayaさんは基本インドネシア語それに英語、Sさんはインドネシア語ができるのですが、いちいち通訳してもらう時間がなく、見せてもらっただけで終わってしまいました。
Sさん、すてきなゲストさんを連れて来てく入れてありがとうございました。
FacebookでNurbati Hafmayaを検索すると、載っているそうですが、恥ずかしながらFacebookをやっていないので見つけられませんでした。どなたか見たら教えてください。


2017年4月9日日曜日

ある日の文庫風景

小学生用の自転車がいっぱい、いつもはバギーや小さい子ども自転車が多いのですが、
この日は小学3年生が勢ぞろい。読み聞かせも聞いて行ってくれたけど
自分たちでお友だちの送別会もしたのです。

「きかんしゃトーマスのせんろをぐるーり」という飛び出す絵本があります。この飛び出す線路におもちゃのトーマスやドナルドを走らせてあそんでいる男の子たち、トーマスが好きな男の子はたくさんいます。魅力的なのですね。もちろん本物のトーマス絵本も借りていってくれます。